サキュバス喚んだら母が来た!?後日談1話ネタバレ考察レビュー

サキュバス喚んだら母が来た!?後日談1話ネタバレ考察レビュー


 

「サキュバス喚んだら母が来た!?」・後日談1を読む前に この漫画を初めて読む方へ



床上手のエッチなお姉さんはここから

前回で一区切りとなり、最終回をむかえた「サキュバス喚んだら母が来た!?」ですが、実はまだ完全に終わりではありませんでした。

なんと、まだ後日談が2回分もあるのです!同じ作者の前作「姉はヤンママ授乳中」でも熱海編という番外編がありましたが、今作でも同じような形式をとっているみたいですね。

しかも、2回分もあるなんて……エンガワ卓先生もチンジャオ娘先生も相変わらず太っ腹で頭が下がります。

 

まぁ、そんな後日談編なのですが、ただのオマケと思っている方は大間違い!

 

ぶっちゃけ、今までの9話分が前振りに感じるほど力が入っています!(あくまで個人的な意見ですが笑)

 

そんな後日談編ですが、サキュバスな母がいる生活を1日分味わえる内容になっています。それでは後日談第1回「朝・昼編」について、さっそくあらすじを見ていきましょう。

 

 

人妻ルーズソックスセーラー熟女 サキュバス喚んだら母が来た

後日談1「サキュバスな母のいる日常 朝・昼編」

~ネタバレあらすじ~



あなたのおちんぽなしじゃ生きられないの~

【朝編】

タカシが朝目覚めると、自分のチンコにむしゃぶりつく母・エリの姿が。

「いつもの日課でしょ。お母さんがタカシの朝立ち処理するのは」

見慣れた母親らしい服装でありながら、角としっぽが生えるサキュバスモードなエリ。

朝一の息子のチンポを口いっぱいに味わいながら、

「タカシ専用のサキュバスにされちゃったから、息子にオチンチンもらわないともう生きていけないんだから♡」

と夢中でチンポをしゃぶる。あまりにエロすぎる母のフェラチオに、タカシは耐えられずすぐに射精してしまう。

若々しくて美人でスタイル抜群、そしてエロくて床上手な母のいる日常が始まるのだった……。

【昼編】

学校の保健室。タカシは休み時間だというのに性欲を我慢できず、母・エリをサキュバス召喚してしまう。

タカシの強引さに戸惑うエリだったが、現役時代の制服に身を包んで現れたところを見るに、本心ではノリノリな様子。

そんな母のコスプレ姿にタカシも興奮し、打ち付ける腰のスピードが上がる。

「俺が母さんの同級生だったら、他の男になんかヤらせなかったのに!」

その言葉に母・エリも反応してしまったのか、いつもの母親らしい言葉遣いはなくなり、まるで同級生とエッチしているかのような雰囲気に。

恋人同士のようなプレイに、タカシの気持ちは昂ぶり、絶頂してしまうのだった。

 

いかがでしょうか!

いや、ストレートに言ってエロすぎるでしょ!

今までのお話では、タカシの心情的にもエリリンと母エリが同一人物かどうかの確証がありませんでした。

そのため、少し遠慮がちな描写も目立っていましたね。

そんな状況の中、9話で母・エリがサキュバスとして息子のチンポに快楽堕ちし、続きはどうなるかと期待していましたが……

 

まさかのご奉仕フェラから始まるとは笑

振り返ってみると、意外とフェラ抜きのシーンって少ないんですよね。

最初に1回あるんですが、あの時とはシチュエーションも立場も違うので、また違った楽しみ方ができます。

 

昼編の制服プレイもいいですね~。

シチュ的にも、サキュバス召喚で無理やり呼ばれているのに、タカシに従わざるを得ないところが最高です。

個人的にはこのシーンの制服エリリンが可愛すぎて、ここだけでも後日談編は読む価値アリだと思いました!

オチのルーズソックスについては素直に笑ってしまいました。

まるで同級生の恋人のようなセックスをした後だったので、「あ、それでもやっぱり年の差はあるんだな」と感じさせてくれる描写でしたね!

さて、後日談朝・昼編はいかがだったでしょうか?

 

次回は本当にラストとなりますが、後日談後編をお送りいたします!それでは、最後までお付き合いください!



ルーズソックスのセーラー熟女はここから